平民によるグローバル株式投資

日本株、米国株、英国株にフルインベスト

ブログ開始

ブログ始めます!

 

このブログでは『株式投資はみんなのもの』をモットーに、ごく一般のサラリーマンが株式投資に取り組む様子を記録していきます。

 

「投資って難しそう」、「やってみたいけど何から始めればいいか分からない」という方は多いのではないでしょうか?

そんな方々に株式投資を身近に感じてもらい、株式投資の世界に足を踏み入れるきっかけを作ることが、このブログの目標です。

そのためにも、私自身のありのままの投資活動、そして資産状況をできる限り記していきたいと考えています。

多くの方の参考に(あるいは反面教師にも笑)なれば幸いです。

 

 

ところで、私には上記の目標「多くの方に株式投資を身近に感じてもらい、株式投資の世界に足を踏み入れるきっかけを作ること」を通して、実現したいことがあります。

それは日本の個人投資家層の拡大です。

 

知っている方は知っていると思いますが、日本の家計における金融資産の殆どが預貯金として保有されているそうです。

欧米に比べると株式などのリスク資産に振り向ける割合小さく、それが日本の株式市場が成熟しきれていない要因の1つであると私は考えています。

日本の個人投資家層が薄い結果、日本の株式市場では外国人投資家が幅を利かせるようになっています。つまり外国人投資家が売れば株が下がり、買えば上がるということです。

そして投資家の短期志向も未成熟な状況に拍車をかけているのではないでしょうか。

(投資はギャンブルだとよく言われますが、短期間で一発当ててやろう!という考え方がそれです。)

例えば何かのきっかけ(最近だとBrexitトランプ大統領当選など)によって生じた下落にパニックになり、一定数が慌てて株式を売るとします。

その下落を見た短期志向の投資家はさらなる下落を嫌い、追随して株式を売ります。。

そしてさらに売りが売りを呼び悪循環となって日経平均が大きく下げる。。。

これが今の日本の株式市場の現状です。

日経平均アメリカ市場よりもボラティリティが高い要因もこれだと考えられます。

 

この状況を変革すること、つまり個人投資家層が厚くなり、長期で運用する投資家が増えることが、これからの日本の株式市場には必要だと私は考えています。

この実現のために日々精進していきますので、どうぞよろしくお願いします。

 

ちなみに、こんな偉そうなことを言っていますが投資スキルは初心者レベルです。笑

定期的に大きな損失を出していますので、私の提供する失敗例が何かのお役に立てればうれしいです。

 

P.S.

長期投資が重要!というようなことを語りましたが、短期のトレーダーももちろん重要です。

彼らが流動性を提供してくれるおかげで、売買したいときに売買することができるのです。

 

 

【ハイニハインツの自己紹介】 

出身:日本、石川県

生年:平成元年

職業:サラリーマン

趣味:株式投資、読書、サッカー観戦、ピクニック

興味があるもの:今話題のFIRE(Financial Independence, Retire Early)